おまとめローンの審査はどんな人が落ちるのか?

おまとめローンで審査に落ちる人はしっかり総量規制を理解していない方です。おまとめするということは通常よりも借入額が大きくなるのでそれだけ審査も厳しくなりますし、銀行のおまとめローンだと低金利なので更に審査は厳しくなります。

 

銀行のおまとめローンが厳しいから消費者金融に申込んでも総量規制に引っ掛かってしまい審査を落とされるのが関の山です。

総量規制とは

個人への融資額が年収の1/3を超えて融資してはいけないという法律。消費者が債務超過に陥らないように定められた法律。

しかし総量規制には例外というものあります!

 

消費者金融でもおまとめローンの審査に落ちてしまう方はこのことを知らずに申込んでしまうから落ちてしまうのです。その例外とは、

  • 顧客に一方的有利となる借換えは例外的に年収の1/3を超えて融資可能

という例外があります。要するに消費者金融でもおまとめローン目的で借りれば年収の1/3を超えて融資可能ということなのです。

まとめ

審査に通りやすいおまとめローンというものはないが、大手消費者金融におまとめローン目的の借入を伝えることによって有利になる

これが審査に通りやすくする方法です。以下の大手消費者金融に申込んでおまとめローンの借り換え借入という旨をオペレーターに伝えることによって『顧客に一方的有利となる借換え』で審査してもらえます

 

このことを頭に叩き込んで大手消費者金融に申込め!

おまとめローン審査はどんな感じ?

おまとめローンの審査は、幾つかの項目をチェックし申込み者それぞれのスコアリングを統計して審査の可否を決定します。

 

中には、審査に落ちる人もいれば可決する人がおり、人により審査の可否は異なりますが、実際

審査に通りやすい人や通りにくい人と言うのも存在

します。審査に通りやすい人と言うのは、職業や家族構成その他の条件で収入の安定がみられる場合です。では逆に審査に通りにくい人と言うのは、どんな方なのかというとやはり

属性に問題ありの方

と言えますね。要するにおまとめローンの利用にあたりその商品の審査では「属性&信用度」の部分が重要視される項目なので、借入れ件数が多く借入れ総額も多いとなれば当然金融業者でも安定した収入以前に信用度が低いという見方になりますし、

借金が多いという事はそれだけ貸し倒れする可能性も高い

ので、こうした方は当然審査も通りにくいと考えられます。また借金をする以上、収支のバランスが取れていなくてはいけませんし、おまとめローン自体その限度額は通常ローンよりも大きい商品ですから、何より安定した収入が必要です。

 

でも申込み者に安定した収入が見込めない場合はその申込み者の希望にOKを出すことは出来ませんから、この場合審査の結果は否決となる可能性が高いと考えていいですし、審査に通りにくいと考えられます。

 

つまり、おまとめローンの申込みにあたる審査に通りにくい方と言うのは、まず

属性があまりよろしくない方(借入れ件数が多い等)で尚且つ安定した収入が見込めない方

と言えるでしょう。更にこの他にも審査が通りにくくなる要素は幾つかあり、例えば賃貸の住宅に住んでいる方の場合

  • もおまとめローン審査には通りにくいと言われておりますし
  • ご自身の家に固定電話が無いという方も審査に通りにくいと言われています。

おまとめローン自体、その限度額が大きな商品なので、金融機関側も審査は普通に厳しくなりますので、こうした固定電話の有無や家に関する情報で審査が通らないというケースも非常に多くなっています。この他、

  • 離婚歴がある場合
  • どこの銀行とも取引が無いという場合
  • 正社員で働いていない

等が、審査が通らないもしくは通りにくい条件となりますので、おまとめローンを検討中の場合は、申込みの前にこうした条件に当てはまらないかを自身でチェックされる事も大切ですね。

 

おまとめローンの審査は、極端に厳しい審査ではありませんが、収入の安定が見込めない相手には貸ませんし借入れの極端の多い方も勿論審査は「×」と考えていいでしょう。現在編集部が調べた上でのおまとめローン人気ナンバーワンはオリックス銀行です。

 

オリックス銀行にはおまとめローンを選ぶ上での基準となる金利の低さ、限度額の高さ、おまとめローンの審査などが一番なんですね。

 

他にも銀行系の住信SBIネット銀行なんかもおまとめローンや住宅ローンに力を入れていて低金利です。総量規制後の消費者金融系でのおまとめはどうなのかと言うことですが一度モビットに審査を申込んでるといいかもしれません。